SV(フィールドサービススタッフ):技術と品質のニッシンコーポレーション

技術と品質にこだわったモノ作り

SV(フィールドサービススタッフ)

お客様との潤滑油として、ワーカーを育成・指導 製造部 サブマネージャー 氷見 誠己(ひみ ともき)

SV(フィールドサービススタッフ)の仕事内容について教えてください。

製造部 サブマネージャー 氷見 誠己

国内外にかかわらず納入先に赴き、自社製品の点検やメンテナンスを行うことが主な仕事です。実際に現場で作業をすること自体は少なく、どちらかと言えば現地のワーカーに指示を出す監督的な立場になります。テクニカルアドバイザーとして技術的なサポートを行うことはありますが、SVとして行く場合のほとんどはワーカーの指導が主となります。自分が作業をしてしまうとどうしても全体を見ることができず、工程管理や安全管理まで目が届かなくなってしまうためです。ですのでSVの役割としては、現地のワーカーだけでクオリティを守ったまま、作業を繰り返せるか、再現できるかがポイントになります。

SV(フィールドサービススタッフ)の仕事のどういった部分にやりがいを感じていますか?

初めて出会うワーカーとの仕事は、同じ現場や同じ製品であっても、毎回教える内容が違ってきます。Aの現場とBの現場で同じ作業をしたとしても、まったく違った仕事内容になるのです。そういった意味では難しい部分も多いのですが、それでも納期を守ってうまく回りはじめた時は、やりがいを感じます。

現場での点検やメンテナンスの進行具合は、SVの手腕の見せどころ。その判断次第で結果が大きく変わってきます。主に伸縮継手製品を扱うことが多いですが、中にはクセのある製品もありますので、SVは製品が安定した性能を発揮するための、当社とお客様の潤滑油のような存在だと考えています。

仕事で心がけていることは何でしょうか?

製造部 サブマネージャー 氷見 誠己

現地のワーカーにも後輩にも、やってみせることを心がけています。もちろん指導はある程度の技術がある人が対象になりますが、そこから先は言葉では伝えにくい部分も多くなります。たとえ海外の現場で、なかなか言葉が通じなかったとしても、やってみせることでワーカーの理解が進みますし、自分自身が理解できているのか、確かめることにもなります。

また扱う製品が幅広いため、自社製品をしっかりと理解しておくことも大切です。SVで現地に行っている以外は技術員として技術を磨くとともに、製品などでわからないことがあれば、設計の社員にもいろいろと教えていただいています。

あなたの考えるニッシンコーポレーションの強みとは何でしょうか?

伸縮継手やフッ素樹脂分野において、当社は独創的な部分を実現してきました。他社ができなかったことを実現する、その技術力が強みだと思います。私たちの製品は数百度にもなる火力発電所のガスタービンのすぐ近くで使われていますが、たとえ海外であってもその部分はやはり当社でないとメンテナンスができません。ガスタービンから離れた場所で別の企業の方がケアをしていることもありますが、ガスタービンの近くという特別な環境下では、別のSVに出会ったことは一度もありませんね。それだけ当社の独創的な技術力をお客様に評価していただているのだと思います。

最後に一言をお願いします。

たとえば今までアスベストを使っていた伸縮継手をノンアスベストタイプに仕様を変える。その変更だけでも様々な試行錯誤を繰り返しながら実現してきました。そういった産みの苦しさを何度も体験することで、現在の技術力を獲得することができたのだと思います。
ですので、不況と呼ばれる世の中にあっても、当社は独自の技術力によってさらにその力を発揮することができる会社なのです。この技術力をこれからも伸ばし続けることで、国内外を問わず、お客様のニーズに応えていきたいと思います。

  • 厳選素材
  • 溶接技術
    • 溶接技術:伸縮継手
    • 溶接技術:フッ素樹脂
  • SV
    • SV:フィールドサービススタッフ
    • SV:フィールドエンジニア

製品・サービス内容のお問い合わせ、資料請求はこちらから

製品・サービス内容のお問い合わせ、資料請求はこちらから