トップメッセージ:技術と品質のニッシンコーポレーション

会社情報

トップメッセージ

マニュファクチュアリングを活かし、“世界の技術者集団”へ

代表取締役社長 福本圭佐

当社は1958年の創業以来、伸縮継手のパイオニアとして、火力発電所をはじめ、国内外数多くのプラントを手掛けるとともに、化学的耐性に優れた独自のフッ素樹脂加工技術を活かし、現在では半導体分野の搬送、製造、貯蔵プロセスでトップシェアを誇るまでになりました。
1995年10月には、伸縮継手製品を扱う日進ジャバラ工業株式会社とフッ素樹脂加工を専門とする日進ケミカル工業株式会社の二社を統合。ニッシンコーポレーション株式会社として、マニュファクチュアリングによって生まれる技術力を不変の価値とし、世界中のニーズに応えてまいりました。

その技術力の源は、技術者一人ひとりのチャレンジ精神と言えます。600度や700度、時に1000度を超える厳しい使用条件下における伸縮継手の開発や、1999年に科学技術庁長官賞を受賞したフッ素樹脂シートライニング技術の開発など、前人未踏の分野への挑戦、そしてノウハウの蓄積が、私たちの誇りであり、また強みでもあります。

さらに経営理念として、社員一致で目標を目指すコラボレーション(協調性)、社会への貢献を第一とするコントリビューション(貢献)、常にハイクオリティの製品を生み出すコンスタンシー(恒常性)という“3つのC”を掲げています。社員それぞれが持つ高いスキルを束ね、一つの大きな力とする。“3つのC”を礎とした社員の高いモチベーションが当社の技術力を担っているのです。

時代は常に変動し、モノの価値は大きく変わっていきます。その中で、私たちは技術者として5年後、10年後の価値を見つめ、果敢に新たな分野へと挑戦し、社会へ貢献していきたいと考えております。

今後ともより一層の皆様のご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。