トップメッセージ:技術と品質のニッシンコーポレーション

会社情報会社情報

トップメッセージ

受け継がれてきたニッシンのチャレンジスピリッツと
世界に誇るオンリーワンな技術で社会に貢献し続ける

世の中のために役立つ技術、製品づくりが創業の原点であり根本

終戦から10数年後、世の中を見回すとまだまだ戦争の傷跡が残り、足りないモノが多くあった時代。多くの人の生活に必要なモノをいきわたらせるためには、モノづくりを担う工業の進展は急務でした。そんな中で、「世の中、社会のお困り事をモノづくりで解決したい」との想いを持った同志が集まり、1958年、伸縮継手のパイオニア企業として当社はスタートを切りました。
当時は、社長をはじめ、社員が大手中小問わずモノづくり企業各社を訪問してヒアリングを行い、潜在的ニーズを探りながら、各種生産設備に必要不可欠な様々な伸縮継手製品を生み出しました。 以降、高度経済成長期に入り、世の中の多くの企業が大量の製品を市場に提供するマスプロダクト化の波に乗る中で、当社は顧客のニーズ重視、一品一様のモノづくりに注力。そこには、企業としての生き残りをかけたスタイルへのシフトという考えだけでなく、創業時からの「世の中、社会のお困り事をモノづくりで解決したい」というブレない考えが基本にあったのです。

不可能への飽くなき挑戦の歴史が生んだ世界に誇れる技術の数々

そんな中、当社が目を付けたのが、火力発電用ガスタービンの伸縮継手。特に600度、700度、時には1000度もの過酷な高温状況でも耐えうるモノづくりは、まさに他にはない製品への挑戦だったのです。「多くの技術者がこれは絶対にできない」とあきらめていたことを、不断の努力で解決。幾度となくトライアンドエラーを繰り返しながら、ついには「不可能を可能にした製品」を当社技術者達が生み出しました。たった一度の失敗も許されない中で、故障やトラブルなく当社製品が今日まで日本のインフラの主力である火力発電を支え、長きにわたって信頼を築いてきたことは、当社の誇りでもあります。
さらに時代が進み1995年10月。伸縮継手製品を扱う日進ジャバラ工業株式会社とフッ素樹脂加工を専門とする日進ケミカル工業株式会社の2社を統合し、ニッシンコーポレーション株式会社として新たにスタート。
それぞれ異なる専門性を持った2つの会社が融合し、新たな技術開発への挑戦を継続した結果、1999年には、科学技術庁長官賞を受賞したフッ素樹脂シートライニング技術を生み出すことに成功。この技術は、非粘着性、つまりモノがくっつかない特性を持つフッ素樹脂素材を金属やその他素材にくっつけるものです。フッ素樹脂シートライニング技術は、半導体チップの製造処理設備、パイプライン、タンクには必要不可欠な技術として業界で認められ、当社事業の第二の幹として成長しています。
こうした業界トップクラスの技術、オンリーワンな技術への挑戦の歴史が当社の今を形づくっていることは、間違いありません。

3C×3Iで、新たな時代を切り拓く技術・製品を生み出す!

当社では、経営理念として、

社員一致で目標をめざすコーオペレーション
─Cooperation─ (協調性)
社会への貢献を第一とするコントリビューション
─Contribution─ (貢献)
常にハイクオリティの製品を生み出すコンスタンシー
─Constancy─ (恒常性)

の“3つのC”を掲げ、事業、会社の成長と共に、社会に役立つ企業になることをめざしています。
さらに技術向上と技術革新の面では、

常に何か新しいことを考えだすインスピレーション
─Inspiration─ (ひらめき)
生み出した新しい技術を伸ばしていくインプルーブメント
─Improvement─ (進歩)
既存の考え、技術を絶えずより良く変えるイノベーション
─Innovation─ (革新)

の“3つのI”をテーマに、社員全員が当社の核となる技術と向き合い、磨いています。

今後は、これら3Cと3Iを掛け合わせて、事業環境や市場の著しい変化に対応していきたいと考えています。具体的には、わたしたちがこれまで主としてきた発電や半導体といった分野に寄りかかることなく、また新しい需要、今までは想像もできなかった市場へのチャレンジをめざします。
1958年の創業以来、私たちが受け継ぎ、育んできた「ニッシンのチャレンジスピリッツ」を次の未来にも遺憾なく発揮し、世の中にまだないモノ、社会のお役に立つモノづくりに取り組み、世の中の発展に貢献することが私たちの使命であり、実現したい未来です。

代表取締役社長 福本 圭佐