投げ込み式熱交換器[吊り下げ式タイプ・底部設置式タイプ]なら技術と品質のニッシンコーポレーション

フッ素樹脂製品

投げ込み式熱交換器製鉄化学・医療・食品

投げ込み式熱交換器

用途

フッ素樹脂の持つ耐薬品性・耐熱性・純粋性・電気特性・非粘着性を最大限生かし、化学・石油・医薬・食品・半導体・金属処理プラント等に於いて、加熱・冷却・蒸発・凝縮などを目的として使用されています。

特徴

  • フッ素樹脂製熱交としては、チューブ゙に厚みのあるものを採用していますので、他社製と比較し、格段耐久性に優れています。
  • 主に大型の処理槽(鋼板の酸洗処理、メッキ槽、その他加熱処理槽など)に設置して使用可能です。
  • 1977年に航空機ボディー表面処理用途として、1号機を納入して以降、2000基以上の実績が御座います。
  • チューブは純度100%のPFA材を使用しており、サイズは標準でφ8/10、φ10/12φ12/14から選定致します。(その他特殊サイズも選定頂けます)
  • 取り合いはヘッダー式、コネクター式、トッププレート式などご要望に応じて設計・製作致します。

吊り下げ式タイプ

トッププレートは固定式となっており、リザーブタンクや冷却槽などの設備で、上部から吊り下げて使用するタイプです。

吊り下げ式タイプ

吊り下げ式タイプ

底部設置式タイプ

トッププレートは独立しており、酸洗槽やメッキ槽などの設備で、槽底部や側面へ固定して使用するタイプです。

底部設置式タイプ

底部設置式タイプ

底部設置式タイプ

底部設置式タイプ

この製品と同じ市場群

製品・サービス内容のお問い合わせ、資料請求はこちらから

製品・サービス内容のお問い合わせ、資料請求はこちらから